お手続きの流れ

お手続きの流れ

1

1.ヒアリング

最初のご相談にて、病歴とおおまかな現在の状態をお聞きします。

 

2.書類の準備

請求書類はすべて当方でご用意します。
※ご本人やご家族だけで行う場合は、年金事務所(障害基礎年金の申請については市町村の国民年金窓口でもOK)に行って、障害年金診断書用紙などをもらうことから始めなくてはなりません。 加入条件、納付条件の確認を行います。 当方が年金事務所窓口にて加入記録を照会し、確認します。→ご自身またはご家族は1度も窓口に行く必要はありません。

 

3.初診日の特定/証明書の依頼

初診日が特定できれば、初診の証明書(受診状況等証明書)を依頼します。初診日の可能性がある病院、複数に依頼をかける場合もあります。 初診日が特定できない場合は、初診日特定のために病院や医師に照会をかけます。必要に応じて病院に対してカルテ開示請求も行います。5年以内に初診日がある可能性が高い場合は、年金事務所、健康保険組合または市町村にレセプト開示請求をするお手伝いも行います。一般的な初診日では納付条件を満たしていない場合には、その前などに初診日として主張できる時点がないかをトコトン検討します。

 

4.診断書の依頼

医師への診断書の依頼時には、当方が同行して、医師に直接ポイントをご説明することも可能です。 (交通費については、ご負担いただく場合があります。)

1

5.診断書の確認

当方で、出来上がった診断書をチェックして、修正や加筆の必要がないかを確認します。

 

6.診断書の修正、加筆

修正、加筆をしてもらった方がいい場合は、ご本人が診察時にお願いする、私が書面、電話または面談でお願いする、のいずれかの方法で、医師に修正、加筆をお願いします。

 

7.各書類の完成

病歴・就労状況等申立書は、ヒアリングをもとに作成します。 年金請求書などの他の書類も仕上げます

1

8.申請

書類が揃えば、当方が役所に申請します。

 

9.申請後のサポート

申請後の役所からの問い合わせ、照会についても当方で対応いたします。ご本人のご希望や状況に応じて、役所に進捗状況の照会も、当方で行います。

1

10.受給決定

請求から3、4ヶ月後の決定に対して…想定通りに受給が決定した場合は、年金証書の見方をご説明します。決定内容に間違いがないかも確認します。特に次回診断書提出年月をお伝えします。

 

11.受給決定後のサポート

受給決定後のサポート…更新診断書の提出の仕方、診断書チェック、その他の年金関係のご相談を、原則としてフォローとして無料で行います。

▲TOPへ戻る

 

 

ご相談は無料!どのようなご相談でも結構です。まずは、お電話、メールにてお気軽にお問い合わせください。TEL:0120-994-164

お問い合わせフォームはこちら