よくあるご質問

よくあるご質問

Q1. 私は精神疾患ですが、お願い出来ますか?
A1.お引き受け致します。実際、依頼者の約8割の方が精神疾患のお客様です。
ご家族だけでなく、ご本人からのご依頼も大歓迎です。

他の社労士の中には、精神疾患の場合、ご家族としか応対しない先生もおられると聞いております。
当事務所ではそういう事は一切ありません。ご本人様より遠慮なくご相談下さい。

障害年金の裁定請求というのは、心に負荷がかかる大変な作業です。その様な作業に精神疾患のお客様が一人で立ち向かっていくのは大変です。
是非、専門家のサポートを受けるべきです。

又、三障害(身体、知的、精神)の中で最も就労率が低いのが精神障害です。
精神疾患のお客様こそ、障害年金の所得保障を受けるべきだと思います。

僭越ですが、患者仲間、デイケア、作業所、家族会等で当事務所の事を聞いて、紹介で当事務所に依頼されるお客様が大変増えております。

その意味では、ご安心してご依頼頂けるものと自負しております。

 

Q2. 着手金0円でやっていけるのか?
A2.以前は当事務所でも着手金を頂いておりました。
しかし、長年の経験から、世帯に収入が無いお客様が多く、敢えて着手金0円に踏み切りました。
だからといって手抜きをする事は絶対にありませんでしたし、今後もありません。
実際に、他の社労士事務所に断られたお客様でも1%でも受給の可能性がある限り、それを徹底的に追求していく姿勢は変わりません。
実務上では、こちらから発送する郵送料、電話代等の通信料などをお客様に請求する事はありません。あくまで完全成功報酬制です。
実務上では、成功したらお客様に年金証書が届きます。その後、第1回目の支給日に数か月分の年金(第1回目は金額が多いのです)がご指定の口座に年金が振り込まれます。それを確認して、その中から成功報酬をお支払い頂きますので、実質中、お客様の手出しはありません。
ご安心の上、ご依頼下さい。

 

Q3. 遠方ですが依頼出来ますか?
A3.遠方にお住まいという事でお客様に不利益やご迷惑をお掛けする事は今までもありませんでしたし、これからもありません。
又、料金的にも高くなる事は無いです。
障害年金の申請(裁定請求、審査請求等)は全国どちらでも出来ます。
そうなると、やはり距離的に近い遠いというよりも、事務所の実力が大きくものをいってくるものだと考えます。
その点で、当事務所はお客様のご期待に、これまでも応えてきたものと自負しておりますし、今後ともそうあり続けます。
現実に首都圏、近畿、東海地方からのお申し込みも多いですし、実績も出しております。

 

Q4. 電話相談は無料ですか?
A4.もちろん無料です。何度かけられてきても無料です。お気軽にご相談下さい。ご依頼に当たっての疑問な点は何でも何度でもご質問下さい。
又、時間帯も特に制限はありませんし、代表者和田社労士の携帯番号もホームページに掲示しておりますので、常識的な時間帯であればいつでもお電話頂いて結構です。
実際、過去に成功されてご縁を頂いたお客様と友達感覚で近況等をやりとりしています。
尚、聴覚障害の方はホームページのメールアドレスをクリックして下さい。

▲TOPへ戻る
ご相談は無料!どのようなご相談でも結構です。まずは、お電話、メールにてお気軽にお問い合わせください。TEL:0120-994-164

お問い合わせフォームはこちら